中国の沖縄侵略を阻止しよう!

中国は「中華民族琉球特別自治区準備委員会」なる政治団体を作り虎視眈々と沖縄を狙っています。この事実を多くの人に知ってもらいたい!

「中華民族琉球特別自治区準備委員会」とは  Wiki

エストニアのカラス首相、ロシア人の資産凍結された44兆円をウクライナ支援に活用を提言

YouTube動画
注目!時事問題!(´っ・ω・)っ
本日のピックアップ!|ω・)ノ

以下、文字書き出し

※「キキ速(危機管理速報)」の登録はこちら

エストニア首相、凍結したロシアの44兆円の資産をウクライナ支援にと発言

バルト三国のエストニアは、ソ連崩壊後の19991年に独立しました。

ヨーロッパ北東部に位置しており、東はロシア、南はラトビアに接しています。

国土の大半は湖沼や湿地の多い平野で比較的おだやかな気候です。

バルト海に面する港町である首都タリンの旧市街には、城塞都市だった中世の面影を残す街を囲む城壁や塔、教会などの歴史的遺産が多く世界遺産に登録されています。

また、中世の面影を残しつつ、ほぼすべての行政サービスがオンライン化されている、「IT国家」としても知られています。

この度のロシアによるウクライナ進行に伴い、エストニアはソ連時代の記念碑を撤去したり、ロシア人の入国禁止の措置を取ったり、エストニア議会がロシアを「テロ支援国家」に指定したり、反ロシア色をかなり強めています。

そんな中21日、エストニアのカラス首相がEU理事会で、凍結したロシアの外国資産3000億ユーロ(約44兆円)超を、ウクライナ支援に活用すべきだと発言しました。

以下、CNNが報じた内容を、一部抜粋してお伝えします。

ベルギー・ブリュッセルで開かれたEU理事会に出席した際、記者団に述べた。

また、SNS上で「EUが侵略者に代償を支払わせることに動くべき時機となった」、とも主張した。

カラス氏は、「第二には、我々は明確に侵略の犯罪への法的な対応を協議しなければならない」とし、「異なる法廷を設置し、(この犯罪の)関与者を裁く方途も協議しなければならない」、と強調した。

ウクライナのゼレンスキー大統領が、EU理事会へのビデオ演説で触れた、ロシアがウクライナ南部ヘルソン州で画策しているとされる、ドニプロ川の重要なダムへの地雷敷設にも言及。

「まごうことなき、テロ行為である」とも断じ、「2022年という現代に、このことが可能であることが恐ろしい」とも述べた。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9a4eb0490177e41e53342dc54dcd64cb0a332a2d

と、報じられました。

以下、このニュースを見たネット民の反応がこちら

”もっと凍結してウクライナに支援しなさい”

”ほほぅ、売掛金回収の布石ね”

”日本も法改正して、凍結したロシア資産をウクライナ支援しよう”

”まぁロシアも借りパクしてるしお互い様だよな”

”ほらパヨク!困ってる貧困の人達に分けてあげてとデモしないのかい?”

”これは正しい使い方”

”国家賠償みたいなモンだしな”

”プーチンの金をウクライナ支援に充てるって、プーチンどんな気持ちなんだろ”

以上、ネット民の反応でした。

皆さんは、このニュースを見てどのように感じましたか?

是非、あなたの意見をコメント欄に残してくださいね♪

カラス首相の言う通り、戦争犯罪国家であるロシアの凍結資産を全て没収して、被害国のウクライナに供与するのは当然のことだと思います。

しかし正直なところ、資産凍結や経済制裁のような生ぬるい方法では、ズルズルと戦争を引き伸ばすだけで、ウクライナの被害は大きくなるだけです。

ロシアの一方的な侵略で始まった、ウクライナ戦争の全責任はプーチンにあり、ウクライナとウクライナ人を破壊した賠償金は、政治家やオリガルヒ、団体や個人など関係なく、ロシア人全ての外国資産を全て凍結して補えばいいので、あとは自滅するまでしっかりと締め上げればいいと思います。

こうすれば、さすがにロシア国内でも反発があり、内部崩壊を招く可能性が高いはずです。

他国への侵略を考えている国への見せしめとして、ロシアにしっかりと罰を与えるべきです。

それでは、最後までご覧いただき、有難うございました。

高評価とチャンネル登録をしていただけると、嬉しいです♪

じゃ~ね~

YouTube動画
この話題を日本中にシェアしよう!
キキ速【危機管理速報】

comment

  1. カラスさんか
    苦労してそうだな

気になる記事!(*ノ・ω・)ノ⌒。ドゾ

本日のおすすめ記事!

タイトルとURLをコピーしました