中国の沖縄侵略を阻止しよう!

中国は「中華民族琉球特別自治区準備委員会」なる政治団体を作り虎視眈々と沖縄を狙っています。この事実を多くの人に知ってもらいたい!

「中華民族琉球特別自治区準備委員会」とは  Wiki

【ロシア】プーチン大統領の手の甲に「謎の注射痕」が見つかり、重病説が再浮上!

YouTube動画
注目!時事問題!(´っ・ω・)っ
本日のピックアップ!|ω・)ノ

プーチンの公式動画に、怪しい注射の跡がある件について

※「キキ速(危機管理速報)」の登録はこちら

■以下、文字書き出し

プーチンは27日、モスクワで開かれたバルダイ・クラブ討論会で、西側諸国を3時間にわたり批判したのだ。

欧米のエリートが危険で血なまぐさい、汚いゲームを展開していると訳のわからない事を述べて、ロシアのウクライナ侵攻を含む、世界の問題の多くは欧米に責任があると、無茶苦茶な主張を展開。

しかも、「ウクライナに対する核兵器の仕様を検討したこともない」と言い切り、ロシア政府も「意図的に何か言ったことはない」と言ってのけた模様。

これまでの核への言及について、欧米の指導者による核の脅しに対抗して、ほのめかしただけだと言い訳し、欧米政府がロシアに「核の恫喝」を仕掛けていると、何の証拠もない妄想話を展開し、批判を繰り返したのだ。

プーチンはまた、ロシアの軍事ドクトリンは自衛目的でしか、核兵器の使用を認めていないのに係わらず、欧米はロシアと中立国を敵対させるために、「ロシアが核兵器を使用する」という説を、無理やり持ち出していると批判。

認知症なのか、単なる嘘つきなのか、悲劇のヒロインを演じているのかわからない、そんなプーチンに、ある疑惑が再燃。

プーチンの公式動画に「怪しい注射の跡」が見つかり、またもや重病説が再燃。

以下、ニューズウィークが報じた内容を、一部抜粋してお伝えするのだ。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、やはり深刻な病気にかかっている。

最近公開されたロシアのプロパガンダ動画を見た人々の間で、そんな噂が再燃している。

動画に映るプーチンの手に、静脈注射(IV)の注射痕のようなものがあったためだ。

問題の動画は、ロシア国防省が10月中旬に発表したもの。

プーチンが複数の兵士を引き連れて、軍事演習を視察する姿を捉えている。

ある場面で、プーチンは同行兵士の1人の腕を右手でつかむが、その手の甲に不可解なシミが浮き出している。

ウクライナの英字紙キーウ・ポストの記者、ジェーソン・ジェイ・スマートのツイートによれば、ロシア大統領府は、この時の様子を撮影した、別バージョンの動画2本を公開している。

そのうち1本では、動画に入ったウォーターマーク(透かし文字)によって手のシミが隠され、もう1本にはプーチンの手が映る場面が存在しない。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9a4eb0490177e41e53342dc54dcd64cb0a332a2d

と、報じられました。

以下、このニュースを見たネット民の反応がこちら

”プーチン、安らかに眠ってくれ”

”言動からして無茶苦茶だから薬物じゃね?”

”世界人類のためにも早く天に召してくれ”

”訳のわからん妄想に取り憑かれるから薬物だろ”

”仮に病気だとしても必ず罰を受けさせなければならない”

”この世から早く消えてほしいランキングぶっちぎり1位”

”こうゆう奴に限って長生きするんだよな”

”本当なら、こんな病人が大統領とかロシア人に同情するわ”

以上、ネット民の反応でした。

皆さんは、このニュースを見てどのように感じましたか?

良かったら、あなたの意見をコメント欄に残してほしいのだ♪

仮に本当にプーチンが病気だとしても、ウクライナに対しての罪があまりにも重すぎて、全く同情できないのだ。

昔、豊臣秀吉も体調が悪い時に朝鮮出兵をおこなってしまい、その結果、日本兵に多大な犠牲を出して、得るものは何もなく、秀吉が亡くなって終戦。

今回のウクライナ侵略も、同じような結果になると思うのだ。

まあ、もともとプーチンがいようがいまいが、ロシアは民族的に強いリーダーを望む傾向があり、攻撃性が支配を高め、それに依存するのが好きなんだと思うのだ。

特に軍部の人間は攻撃的なので、結局は次から次へと違う独裁者が現れるだけなのだ。

まるで、独裁者のマトリョーシカのように。

それでは、最期までご覧いただき有難うございますなのだ。

高評価とチャンネル登録をしてくれたら嬉しいのだ♪

それじゃあ、バイバイなのだ

YouTube動画
この話題を日本中にシェアしよう!
キキ速【危機管理速報】

comment

気になる記事!(*ノ・ω・)ノ⌒。ドゾ

本日のおすすめ記事!

タイトルとURLをコピーしました