中国の沖縄侵略を阻止しよう!

中国は「中華民族琉球特別自治区準備委員会」なる政治団体を作り虎視眈々と沖縄を狙っています。この事実を多くの人に知ってもらいたい!

「中華民族琉球特別自治区準備委員会」とは  Wiki

【ロシアヤバい】米軍最強の「第101空挺師団」がノルマンディー上陸作戦以来80年ぶりにヨーロッパに配備される。

YouTube動画
注目!時事問題!(´っ・ω・)っ
本日のピックアップ!|ω・)ノ

米軍最強のエリート部隊「第101空挺部隊」投入で、ロシア崖っぷちへ

※「キキ速(危機管理速報)」の登録はこちら

■以下、文字書き出し

とうとうロシア軍にとって大変なことが起きたようなのだ。

えっ?まさか、プーチン死んだ?と思ったあなた。

残念、彼はまだ生きています。

大変なこととは、ヨーロッパに80年ぶりに4700人からなる米軍最強の部隊「第101空挺師団」が、ウクライナの国境から1キロ以内のルーマニアに、配備されることになったのだ。

米国政府はウクライナ領で米軍が活動することはないとしているものの、この部隊の司令官は、「いつでもウクライナに進軍する用意ができている」とやる気満々のご様子。

「第101空挺師団」とは別名、スクリーミングイーグルス(叫ぶ鷲)と呼ばれ、世界中の軍事専門家がどよめくほどの、米軍最強部隊で、第二次世界大戦時から常に最前線で戦い抜いてきた部隊なのだ。

第二次世界大戦時では、バルジの戦いやノルマンディー上陸作戦に参加し、その名を知られるようになりました。

ちなみに余談ですが、「第101空挺師団」には史上最高のギタリストの一人として知られる、ジミ・ヘンドリックスが所属していたこともあるのだ。

そもそもなぜ、このような精鋭部隊がウクライナと目と鼻の先のルーマニアに配備されたのか?

NATOの東側陣地を強化する目的と、先程この部隊の司令官が言ってたように、ロシアを牽制するために配備されたってことで間違いなさそうなのだ。

第101空挺師団のエドウィン・テティス大佐は、自軍がウクライナでの戦闘に最も近い米軍であることを強調。

この部隊は、ルーマニアとウクライナの国境で訓練しているが、ウクライナのオデーサ港からわずか230キロしか離れておらず、ロシア軍が目標とする、ウクライナの黒海へのアクセスを遮断することに対抗するために、アメリカ本土から派遣されたのだ。

ロシア軍と米国主導のNATO軍との緊張が高まるそんな中、米陸軍の第101空挺師団がほぼ 80 年ぶりにヨーロッパに派遣された様子を、

以下、東スポWebが報じた内容を、一部抜粋してお伝えします。

米国防総省はNATO同盟国との軍事即応訓練の一環として、第2次世界大戦以来初めて、精鋭の第101空挺師団をヨーロッパに配備した。

2週間の各訓練を行うという。

NATOは米軍のF22戦闘機とイタリア軍のユーロファイター、ポーランド軍のF16とMiG29がポーランド上空で編隊飛行する映像を公開した。

ケンタッキー州のフォート・キャンベルを駐屯地とする、第101空挺師団は現在、第2次世界大戦以来、初めてヨーロッパに本部を置いた。

軍事訓練演習は、ウクライナと接するルーマニアで行われている。

ウクライナ国境から1キロ以内の場所だという。

引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/242879

と、報じられました。

以下、このニュースを見たネット民の反応がこちら。

”ルーマニアにいるんだな、南部戦線の目の前じゃねーか”

”米国が空挺部隊を派遣したってことは、本格的に参戦って訳ね”

”ルーマニア・ポーランド・ラトビアから包囲した形になるな”

”超絶エリート部隊だっけか”?

”これでアメリカ陸軍の二個空挺師団は全て東欧に行ったな”

”アメリカはやっと本気になったのか”

”オスプレイがあれば歩兵部隊に空挺部隊の機動力を付与するよ”

”アメリカ軍は欧州に全空挺戦力を投入してきたな”

以上、ネット民の反応でした。

皆さんは、このニュースを見てどのように感じましたか?

良かったら、あなたの意見をコメント欄に残してほしいのだ♪

いくら国境をまたいでいるとはいえ、米軍最強部隊が睨みを利かしていて、第101空挺師団の司令官は、いつでも戦える準備ができていると発言しているから、ロシアにとっては、下手な行動したらすぐに参戦されるリスクが高まるから、ストレスが溜まることでしょうね。

案の定、ロシア軍とロシアメディアは「アメリカによる深刻な挑発行為だ」と断じていてご乱心の様子なのだ。

ロシアはベラルーシと表向きにも裏向きにも協力関係にあり、ロシア軍に手を貸していることは周知の事実なのに、ウクライナが米軍および、NATOと手を組んだらダメなのはなぜなのでしょうか?

いちいちロシアに文句を言われる筋合いなど無いと思うのだ。

バイデンのドーベルマンと言われるほど、ロシアから恐れられている第101空挺師団が参戦し、プーチンの特別軍事作戦とやらを早急に終了させてほしいものなのだ。

それでは、最期までご覧いただき有難うございました。

高評価とチャンネル登録をしてもらえると嬉しいです♪

それじゃあ、バイバァ~イ

YouTube動画
この話題を日本中にシェアしよう!
キキ速【危機管理速報】

comment

気になる記事!(*ノ・ω・)ノ⌒。ドゾ

本日のおすすめ記事!

タイトルとURLをコピーしました